小ネタ・用語解説

 ● コメント

ゲーム内用語

アクセ

  神姫専用の装備品。特殊な効果がランダムで付与されているのが特徴。
  強化に大量のジェムを消費するので、必要なもののみ計画的に強化しよう。
  実装当初は装備解除にさえジェムを消費するほどのとんでもない金食い虫だった。
  専用の高難度クエストか、イベントの景品で入手可能。課金ガチャのおまけとしてついてくることもある。

アシストアビリティ

  基本的には英霊とSR以上の神姫が持つアビリティ。(Rでもいなくはない)
  恒常的な攻撃UPや特定条件下での自動回復など様々な効果を持つ。デメリットしかない効果もある。
  効果の対象は基本的にはキャラ本人のみだが、バステトなど一部例外もいる。

アビリティ

  英霊&神姫のもつ力や技能。
  戦闘で使うアビリティのほか、常時有効なアシストアビリティがある。
  戦闘画面ではキャラHPの下にある菱形で、赤黄青緑の4色があり、色は主に次の効果を意味している。(複合効果有り)
  赤=攻撃 黄=バフ 青=デバフ 緑=回復

ウェポン

  英霊や神姫が装備する武器。神々しい神器から玩具のようなものまで種類は様々である。
  レアリティによって大きく性能が異なる。
  各々が得意とする武器種を装備すれば、ステータスがさらに強化される。

ウェポンスキル

  R以上のウェポンについている~アサルトや~ディフェンダーなどを指す。
  アサルトは戦闘中の実際の攻撃力、ディフェンダーは戦闘中の最大HPを増加させるなど種類は様々。

英霊

  主人公がデバイスを使って召喚する事ができる英雄で、戦闘に参加できることから、実体を得ていると思われる。なお、史実では男性であっても本作では女性になっている。
  戦闘には英霊の参加が必須かつ、先頭の一番上に配置される。主人公に代わるパーティリーダー。
  装備するメインウェポンによって属性が変化し、EXアビリティ枠に別の英霊で習得した一部のアビリティを設定できる。
  神姫にアクセサリ搭載ができる前はこれがキャラクターに対する今作唯一のカスタマイズ能力だった。
  最大レベルは20と低いが、プレイヤーのRankに応じて強化されるうえにMASTERボーナスや英気解放という独自の強化システムを備える。

英霊ポイント(EP)

  新たな英霊を解放するのに必要なポイント。
  Rankが1上がるごとに30ポイントもらえるが、最上位英霊の必要ポイントが高く計画的に英霊を解放しないとポイント不足に陥る。
  というか、2018年8月時点ではRankを上限まであげても全員解放するだけのポイントは得られない。
  幻獣オーブとの交換やイベントでも入手できるので、解放したい英霊がいるなら優先して交換していきたい。

エネミーバースト

  敵の使用するバースト技。チャージ技とも。HPゲージの下にあるランプが全て点灯すると発動する。
  単体攻撃を複数回行ったり、全体攻撃をしつつステータスを上げたりするなど、通常の特殊行動よりも強力な技が多い。
  ボスなどはレイジングモードになると別の技に変化するので要注意。

エリクサー

  マイページやクエスト選択中などに使うことで、APを最大値の分だけ即時回復する。
  AP最大値50であれば、AP20残っていてもAP70になるといった具合に増える。
  戦闘中にも使うことができ、控えを含めて全員を、完全回復・バーストゲージを100%まで上昇させる効果を持つ。アビリティのクールタイムは回復しないので注意。
  主にバトルで全滅時に「蘇生」ボタンで使うかどうかを聞いてくるが、全滅していなくても普通に使うことができたりする。
  なお、一部の高難度クエストでは、エリクサーの使用に制限が掛けられることもある。
  ショップで売っており、魔宝石や課金により買うことが可能。ガチャやマテリアル交換では基本的に入手できない。

オリハルコン

  武器の最終限界突破や、武器の入手に必要なマテリアル。
  いまのところギルドオーダーの報酬でしかもらえない貴重品。
  主な入手手段はギルドオーダーの報酬、恒常のレイドクエストRAGNAROKで入手できる素材との交換となる。やっぱり貴重品。

回復力UP

  幻獣効果やアシストアビリティなどにある回復力がアップする効果。初期においては非常に重宝する。
  「回復量」は、各アビリティ毎に「最大HPに対する割合」と「回復できる上限値」が決まっており、回復力UPの効果はこの「最大HPに対する割合」に対して作用する。
  従って、回復力UPが無い状態で「回復できる上限値」まで回復できる最大HPがあると効果を全く感じられない。
  HPが高くなればなるほど、強くなればなるほど価値が薄れていってしまう。

覚醒

  一部の神姫が可能な強化方法。
  最終段階まで限界突破を行い最大LVに到達している状態で、神龍眼3つを素材として神化覚醒が可能となる。
  覚醒するとLV、限界突破共に初期状態となるが、ステータスの上限が引き上げられる。
  また、LVアップに伴ってアビリティも更に強化され、効果そのものが変わる事もある。

覚醒エピソード

  神姫を覚醒させると解放されるハーレムエピソード。
  出会いとR-18の2種類があり、報酬は魔宝石50個かアビリティの習得となる。
  全年齢版の場合、R-18エピソードでもスキップすれば報酬は得られる。

ガチャ

  魔宝石や神姫メダル、チケット類を消費してウェポンや幻獣などを獲得すること。
  神姫や幻獣の主要な入手手段ではあるが、新規やお気に入りのあの子が入手できるかどうかは確率次第なので、課金は自己責任で。
  新規追加された子はしばらくの間取得確率が高くなるが、すり抜けて別の子が来るのもよくあること。
  なので、「ピックアップが仕事しない」とよく言われる。
  特にSSRは母数に対するピックアップ率と元の排出率の両方が低いためになおさらである。
  なお、課金ガチャは短期間限定でおまけがつくことが多い。
  お知らせは小まめにチェックしておこう。

神姫

  神や悪魔のオンナノコ。
  ラグナロクを阻止するために生まれたらしい。
  詳細な設定はブラウザ版であればページ下部の「遊び方」タブを参照のこと。
  システム上はガチャカプセルから出てくる武器から再生される。

かみぷち

  PC版と公式Twitterで不定期に連載されている公式4コマ漫画。
  主に継承者一行の愉快な日常を描いている。
  レギュラーメンバー以外の仲間たち同士の交流がみられる数少ない機会である。
  今のところは本家の4コマほどの闇はない……多分。

ギルドオーダー

  2017年より開始されたソロイベントで、その時点では公式で最高難度とされる。
  神姫世界に存在する自治団体(ギルド)が主人公たちに魔物討伐の依頼をする……という形でミッションが与えられる。
  クエスト内容は2週間ごと、細かいミッション内容は1週間ごとに切り替わる。
  目玉報酬は武器の最終限界突破に必要なオリハルコン。
  まぎらわしいが、プレイヤーが所属する「ユニオン」とは何の関係もないので混同しないように。
  ギルオダ、GOなどの略称が使われることが多い。

グリモワール

  神姫の限界突破に必要なマテリアル。イベントで手に入る。
  進化のグリモワールがSR神姫用、神化のグリモワールがSSR神姫用となっている。
  以前までは各降臨イベントで3冊までの交換となっていたため、供給量が極端に不足していた。
  現在はショップで交換可能になり、供給不足はある程度解消されている。
  交換可能なのはそれぞれ一月に5冊までなので、潤沢に使えるわけでないのは変わらず。
  限界突破には1回で5冊必要なため、ご利用は計画的に。
  一部武器の最終限界突破、神姫の覚醒にも利用するため、使用頻度は高い。

幻獣

  自然現象が実体化した存在。高位の幻獣は神姫すら従属させる、絶大な戦闘力を持った偉大な存在。
  ゲームシステム的な実情としては召喚つきの装備品。
  なお、英霊システムと関連しているらしく、英霊が戦闘不能だと召喚できない。
  この際、デバイスが表示されて「英霊システムがダウンしたため幻獣召喚が使えません!」となるあたり芸が細かい。
  また、エピソードがある幻獣の半分ほどは人間に近い姿をした本体(仮)と怪物の姿をした幻獣体に分かれている。

幻獣オーブ

  幻獣を売却することによって溜まるポイント。
  高レアリティの幻獣ほど、より多くのオーブを取得できる。
  オーブ交換では最強のサブ幻獣として名高いカイザードラグーンが手に入るので、少しずつでも溜めたい。
  また、過去のレイドイベントで配布された幻獣も一部がラインナップにある。

幻獣効果

  メイン幻獣として装備することで発揮する効果。
  フレンドをサポートパートナーに選ぶ事で、そのフレンドの幻獣効果も受ける事ができる。
  そしてついに一周年のアップデートでフレンド以外の幻獣効果も受ける事が可能になった。
  (しかしフレンドの幻獣でないと即時召喚は出来ないので、有用なフレンドは随時増やしていくべきである)

功績ポイント

  レイドバトルでどれだけ討伐に貢献したかを示すポイント。
  基本的にダメージを与えることで得られ、バフなどの敵に直接影響を与えないアビリティでは得られないことが多い。
  なお、同値のダメージを与えても難易度によって得られるポイントは上下する。
  それゆえに1回の戦闘で得られる総功績ポイントは敵の最大HPと難易度によって大体決まる。
  ただし、オーバーキルした場合は最大HPを超えた分もポイントになる。
  そうそう狙えるものではないが、覚えておくと煉獄戦などで役に立つかもしれない。

降臨戦

  定期的に開催されているイベントで、ボスを倒して素材を集め報酬と交換するイベント。
  ソロ限定だが難易度設定が幅広く、初心者でもある程度の報酬は狙えるので臆せず挑もう。
  時折復刻され、ウェポンや最終限界突破が追加実装されるのも特徴。
  ちなみに、イベントの告知画像には英語で“Advent Battle Of XX”とあるのだが、XXの部分が何故かローマ字表記であることが多い。
  なお、九嬰降臨戦以降は英語表記が“Event Of Advent Battle”となり、幻獣名が記載されなくなった。(復刻も含む)
  さすがに”Marukoshiasu”はまずかったのだろうか?

サブウェポン

  メインウェポン以外のウェポン装備枠で、9枠存在する。
  メインウェポンと違い英霊の得意ウェポンでなくとも装備する事ができ、ウェポンスキルの効果も得られる。

サポートプレイヤー

  クエスト時に他プレイヤーのメイン幻獣(サポート幻獣)の力を借りるシステム。
  サポートプレイヤーに選ばれると1回につきフレンドからは50ジェム、フレンド以外からは10ジェムがもらえる。
  サポート幻獣はA~FのPT編成毎にセットされているメイン幻獣が選ばる。
  また、AとBとCに火属性で別の幻獣をセットしている場合、一番若いAの幻獣が選ばれる。
  例:Aにファフニール、Bにイフリート、Cにベリアルをセットしている場合、火属性のサポート幻獣枠にはファフニールが表示される。
  プロフィール画面ではサポート幻獣を各属性ごとに設定できるが、こちらは編成のメイン幻獣よりも優先度が高い。
  なお、幻属性枠には他属性にも影響を与える幻獣やアイテムドロップを増やす幻獣が設定されていることが多い。

ジェム

  クエストやログインボーナス、サポートプレイヤー報酬などで貰えるゲーム内通貨。
  ノーマルガチャ、限界突破、ユニオンへの寄付、アクセサリの強化に使用できる。
  特に限界突破やアクセサリの強化では万単位の額が必要になるため普段から貯蓄しておくと良いだろう。

守護神

  ユニオンに加入すると守護神の加護を受けることができる。
  2018年7月現在では火水風雷の4体が存在し、各属性に対応したキャラの攻撃力を少し上げてくれる。
  一度に加護を得られるのは1体だけで、火以外の守護神は購入する必要がある。
  加護を強化するにはウェポンを捧げる必要がある。レアリティNのウェポンを中心に捧げるといい。
  いずれ劣らぬ美少女揃いだが、設定が語られるのみでエピソードや台詞が一切ないのは残念なところ。

状態異常

  毒・炎獄・腐敗・溺水・闇・幻惑など、敵がかかれば有利に、味方がかかれば不利になる。
  ゲームシステムにおいては、アモンの「デビルズキッス」に代表される「状態異常無効」がデバフに対して作用する事からデバフも状態異常に含まれている可能性がある。

神龍眼

  SSR神姫の解放武器が重複した場合に手に入るマテリアルで、神姫の覚醒や武器の交換に使用する。
  ウィークリーミッションの全達成報酬などで入手できる神龍眼のカケラ10個をショップで神龍眼1個と交換できる。
  なお、R神姫やSR神姫の解放武器が重複しても何ももらえない。

スタンプ

  レイドバトルやあいさつ、ユニオンチャットに使用できるスタンプ。
  レイドバトルではスタンプを送ると1度だけキュアメディックがもらえるため忘れずに送ると良い。
  なお「突撃します」は魔力解放アモン、「慎重に」はデバイスの中の人である。
  2018年8月に1~4ページの内40個がLINEスタンプとして発売された。
  無いのは、ディアボロスの「ガンバなのじゃっ!」、キュベレーの「ファイトなの!」、アリサの「ごめん~!」、ガイアの「ごきげんよう♪」、
  サタンの「ぶっ殺よお!!」、ネルガルの「・・・。」、グラニュエールの「!?」、ラミエルの「はーいっ」の8個。

+  画像 1ページ目
+  画像 2ページ目
+  画像 3ページ目
+  画像 4ページ目

スタンモード

  レイジングモードの敵に攻撃してモードゲージを0にすると、相手はスタンモードとなり、エネミーバーストを使えなくなる。
  こちらの連撃率が飛躍的にあがるのも特徴。
  一定時間経過もしくは一定ダメージを与えられると、このモードは解除され通常モードとなる。
  通常攻撃を連打しアビリティの再使用ターン数を稼ぐのに最適。
  スタンモードにのみ有効なアビリティもあるので、手持ちの戦力に応じて行動しよう。

スナッチ

  アイテムドロップ率を上昇させるアビリティ。
  ビリーザキッド、グラニュエール、ダルタニアンの英霊3名はスナッチ強化専用のアシストアビリティをもち相性が良い。
  2016/5/19より雷R神姫のスクルドがスナッチ効果を持つ「おねだり」を引っさげて登場した。以降も徐々に増えている。
  スナッチはバフでもデバフでもないようで、状態異常耐性の影響を受けず、解除されることがない。
  深度が深まる(成功回数が増えること。最大9段階)と成功率が下がっていくのが特徴。

チャージターン(CT)

  アビリティの再使用にかかる使用間隔(ターン)のこと。こちらは「リキャスト」とも呼称される。
  または、敵のチャージゲージが加算されること。敵行動につきひとつ加算され、HP下のランプが点灯する。
  このランプが最大になると、エネミーバーストが発動される。
  正確に言えば、CTが満タンの敵が何かしらの行動をすればCTは0に戻る。
  つまり、バーストよりも優先度が高い行動を持つ敵に対してはそれを誘発することでバーストを封印できる。
  闇獄型カタストロフィア(Ult)やマルコシアスが代表的。

デバイス

  主人公が偶然取得した遺物で、このことが神姫プロジェクトの端緒となっている。
  主人公が持つ物以外にもいくつか現存しているようだ。
  神姫や幻獣の魔力を抑制して無力化したり、異世界間のゲートを開く鍵の役割を果たしたりする。

  というかデバイスの基本機能は(ゲート)キーであり、主人公が所持しているものは他のデバイス所持者が驚くような機能をふんだんに詰め込まれた超の付く特別品のようだ。
  エピソードごとに(都合よく)便利機能が続々露わになっていて、それなりの頻度で登場するのは「デバイスの所持者は精神攻撃が効かない*1」というもの。
  他にも、物品をストックする倉庫としての能力や、勝手にいじろうとした者を近距離ワープさせるといったとんでもない機能もあったりするが、
  なぜか周囲の魔力を感知する機能はない。
  そういった特別機能の究極である、英霊召喚が可能な継承者は真の勇者の素質を持つ…とのことだが、勇者の素質とは何なのだろうか……?
  
  小説版の描写では敵味方のHPゲージやアビリティの使用状況といったGUIを継承者の視界に投影して戦闘のサポートを行う機能がある。
  要するに本ゲームの戦闘画面そのものだと思われる。

塔イベント

  期間限定イベントの一つ。開催間隔は2~3ヶ月と長め。
  謎の神姫エリスの誘いを受け、15階建ての塔を攻略するイベント。
  間口は広いが、完全攻略の難易度はとても高い。
  所持している神姫の数と育成度に加え、情報を吟味して戦略を立てることが重要となる。

得意ウェポン

  各英霊に2種類ずつ設定されたウェポン種類のこと。
  このウェポン種類しかメインウェポンにすることができない。
  得意ウェポン種類と一致するウェポンはメイン、サブに関わらずHPと攻撃力が1.2倍されて計算される。
  英霊の中でもビリーザキッド系列のみ得意ウェポンが銃の1種類のみとなっているが、倍率は変わらない。  
  神姫にも隠しパラメータとして得意ウェポンが1種類ずつ存在しており、こちらは攻撃力のみが1.2倍されて計算される。2018年2月19日の不具合改善という名の仕様変更で
  英霊同様HPと攻撃力が1.2倍されて計算される。
  同じようなパラメータの武器を複数種類持っている場合には一考の余地があるだろう。

特殊行動

  エネミーが使うスキルのような行動。
  基本的にスキルのような使用間隔が設定されていないので、運が悪いと連発されることがある。
  イベントやボスの場合は使用条件や回数が限定されているものもある。
  PC版では技名が二段攻撃をした時のように、味方ステータスに重ねて表示される。

バースト

  神姫、英霊の必殺技。バーストゲージが100%のときに通常攻撃の代わりに発動させることができる。
  下記のバーストストリークのためなど使用したくない場合はバースト「発動」ボタンを「温存」に変えること。
  ちなみにバーストを発動すると「バーストを発動していないキャラ」のゲージが10たまる。
  これにより、パーティのゲージが先頭から順に100,90,80,70,60までたまっていればフルバースト可能。

バーストストリーク

  2人以上が同一ターンでバーストを発動した時、5人目の行動が終了した後に発動する合体技のようなもので、敵全体にダメージを与える。
  参加人数が増えると演出変更や威力が上がる。
  ストリークの攻撃属性は最初にバーストを使ったキャラの属性になる。
  なお、5人全員で起こしたバーストストリークのことを「フルバースト」と呼ぶ。
  ちなみにバーストストリークはアビリティと違い攻撃を押した瞬間に効果処理が
  行われるためリロードを押せばアニメーションをスキップできる。
  せっかちなかたにお勧め。

バーストタイム

  ユニオンに所属する事で発生する特別な効果。ユニオン毎に1時間×2回の設定が可能。BTと略される事もある。
  効果中はレイドバトル開始時に編成メンバー全員のバーストが最大まで貯まった状態で開始される。
  開幕フルバーストが放てる為、各ディザストレやレイドイベント、煉獄戦では非常に有用である。
  降臨戦イベントはレイドバトルではないので、この効果の恩恵を受ける事は出来ない。

ハーレムエピソード(HE)

  神姫や幻獣のレベルを上げると閲覧できるイベント。
  神姫の場合は限界突破が必須で、幻獣は一部例外を除けばSSRのみとなる。
  要するにHなイベントなのでR版でないと見ることができない。
  ちなみにハーレムと銘打ってはいるが、相手やシチュエーションは様々。

  2017年中期からMURABITOが排除され、晴れて「ハーレム」となったしばらくのちにハーレムの文字が消え、「エピソード」に呼称変更された。
  何ともちぐはぐである。

バフ/デバフ

  一般的なゲーム用語。
  バフ(buff)は強化効果のことで、デバフ(debuff)は反対に弱体化効果のこと。
  攻撃や防御を強化する効果であれば攻防バフ、逆に弱体化であれば攻防デバフと呼ばれる。
  それぞれを得意とするキャラクターをバッファー/デバッファーと呼ぶ。
  例)ファフニールは強烈なバフ効果を持つ幻獣だ。
  例)ガウェインの「闇討ち」はとても優秀なデバフである。

フルバースト

  狭義的には5人で起こしたバーストストリークの事。
  転じて5人全員バーストからバーストストリーク発生までを指すこともある。
  略称:フルバ

暴走

  特殊なバフ。バーストとアビリティが使用不能になる代わりに攻撃力が大幅に上昇する。
  バフ扱いであるため、状態異常無効の効果をうけつけない。
  神姫のアビリティとしてベルゼブブの「デーモンシャウト」、パックの「いたずら魔法」のほか、レイドボス闇獄型ディザストレのエネミーバーストで確認されている。
  なお、武器のバースト効果などで敵にかけることもできるが、メリットは一切ないため厳禁。
  敵に暴走が付与された場合、特殊行動やエネミーバーストを封印する効果が発揮されず、攻撃力強化のみ有効になるためである。
  特殊行動とエネミーバーストはアビリティとバーストではないからなのだろう。
  なお、自分に暴走を付与するのに特殊行動とバーストしかしないボスがいるので、想定された仕様だと判断できる。

マテリアル

  いわゆる素材。クエストで敵のドロップするこれらを集めてショップでウェポンや幻獣、進化素材と交換していく。

ミラクルチケット

  通称ミラチケ。幾つかの種類があり、対応する神姫の中から選んで入手できる特殊なチケット。
  主に課金で入手できるが、販売は期間限定かつ不定期。
  取得してから一定期間で消滅するものが多いので要注意。(ログイン時にメッセージは出る)
  ちなみに、最上級のスペシャルミラクルチケットは神龍眼150個と交換である。

メインウェポン

  英霊の属性とバースト効果、威力に影響するウェポン。
  メインウェポンは英霊の得意ウェポンに設定されている武器しか設定できない。
  バースト威力はメインウェポンのレアリティで大きく変わるため、なるべく高レアリティのものを選びたいが
  使いたい属性を持っていなかったり、そもそも対応するSSR武器が未実装だったりする。
  泣く泣くR武器をメインにしなくて良いように、英霊選びとともに注意したい。
  ちなみにダルタニアン系列は銃しか装備できないのに、光属性の銃が入手しづらいので要注意。
  SSRのウェポンでは個別にバースト演出が設定されているので、機会があれば自分好みのバーストを探してみるのもいいだろう。

モード抑制

  モードゲージの上昇量を軽減したり、レイジングモード時にあってはゲージの減少量を増加する働きのこと。

リフレクト

  受けた攻撃を割合で軽減し、その上で被ダメージ量に補正を付けて跳ね返す効果。
  軽減率や反射補正はアビリティによって異なる。
  防御系の効果ではあるが、軽減より反射の方に重きが置かれている。

リロード

  バトル中、画面の左下に表示されるReloadボタンを押すこと。
  ブラウザの更新とは違い、ゲームだけを更新してバトルの最新状態を再読み込みする。
  CONNECTING表示が消えたのに演出が進まない場合に試すと良いかもしれない。
  小技として、フルバーストなど長い演出の時に押すと演出スキップのように使うことができ、使いこなせば30分で驚くような周回が可能になる。
  ※あまりやりすぎると誤BANされた、という報告があるため適度にしよう。

レアモンスター

  通常クエストやフリークエストで稀に出現するエネミーの事。そこでしか手に入らないレアなアイテムを持っている。
  ただし、ノーマルガチャで取得できる装備より性能は低い。白亜に輝く遺跡のものに至ってはノーマルガチャと同じである。
  それでもガチャ以外でRウェポンを獲得できる希少な手段である。
  ワールドマップの遺跡選択画面でそのエリアに出現するレアモンスターを確認する事ができる。

レイジングモード

  レイドボスや一部のストーリーボスなど、モードゲージを持っているボスのみが発動するモード。
  モードゲージは攻撃を受けるごとに上昇し、最大になるとこのモードに入る。
  このモードでのステータスの上昇などはないが、レイジング時のみの特殊行動をとるボスもいる(例:降臨戦ガルーダ)。
  また、この状態でのエネミーバーストは『レイジングバースト』と呼ばれ、通常よりもさらに強力な攻撃となっている。
  しかも、レイジングバーストはランプを全消費せずに1残すため、頻繁にバースト行動を行うようになる。
  高難易度のボスはいかにレイジングを早く終わらせるかが攻略の鍵となる。

レイドバトル

  救援依頼を送ることで他のプレイヤーと協力して敵に挑めるバトル。
  基本的にクエストの難易度相応の戦力だと、複数で協力するのが前提の難易度設定になっている。
  敵のHPと状態変化は全員で共有され、CTの溜まり具合は各員で異なる。
  敵にダメージを与えたり、デバフをかけたりすると功績ポイントがつき、その多寡で経験値や報酬の数が変化する。
  なお、常設の高難度レイドでは敵の行動パターンが複雑で、下手に手を出すと他の人に迷惑がかかることもある。
  まだ手も足も出ない敵に特攻するのなら、せめて敵の情報は把握しておきたい。

煉獄英霊ポイント(煉獄EP)

  ユニオンイベント(煉獄戦)で入手できる特別なポイント。
  信玄やモルガンといった煉獄英霊を解放するために必要。
  ユニオンイベントごとに配られるポイントが少ないため、最上位英霊1人の解放まで半年はかかる。
  塔イベントや競技会イベントの報酬で購入することもできるようになり、多少改善された。

AP

  行動力のこと。おそらくアクションポイントの頭文字からと思われる。
  この数値が一定量ないとクエストを進めることが出来ない。
  3分で1回復し、ランクアップ時には最大AP分が現在値に加算される。はずであるのだが、BP使用時のランクアップでは挙動がおかしい。
  エリクサーやハーフエリクサーの使用で任意に回復可能。
  但し、下記のBP同様、アイテムによる回復は『回復時間がリセットされる』仕様に注意したい。

BP

  レイドバトルに参加するための行動力のこと。おそらくバトルポイントの頭文字からと思われる。
  ランクアップしても最大値までしか回復しない。また、最大値が増えることもない。
  これが一定量ないとレイドバトルに救援で参加する事ができない。
  また、煉獄戦でデーモンに挑戦する場合はソロでもこちらを消費する。
  20分で1回復し、ランクアップ時に全快する他、エナジーリーフやエナジーシードの使用で任意に回復可能。
  但し、上記のAP同様、アイテムによる回復は『回復時間がリセットされる』仕様に注意したい。

DOT

  DoTとは「Damage over Time」の略であり、ターンごとにダメージを与える他ゲームでいう毒のようなものである。
  神姫プロジェクトでは現時点で4種類(毒、炎獄、腐敗、溺水)のDoTが存在し、敵の最大HPに依存してダメージが上昇する(それぞれ上限有)。
  そのため耐性のないボス相手では猛威を振るい、戦力が整っていない初心者には大きな助けとなる。
  また、レイド戦など複数人で戦う場合、各参加者のターン終了ごとにダメージ判定が行われるため、ボスのHPがみるみる溶けていく。
  DoTはバーストゲージやモードゲージに影響しないことも覚えておきたい。

  但しレイドボス戦ではDoTで減らしたダメージ分は誰の功績ポイントにもならないという点に注意。
  レイド戦では功績ポイントを気にする人もいる事を覚えておこう。
  また、レイド系のイベントでは累積功績ポイントで報酬が貰えるので、DoTなしで倒せるものは倒したい。

  なお最終ステージにおいて、自軍が全滅した後にDoTが発生して敵軍も全滅となった場合、画面上はキャラが誰もいない状態で自軍の勝利判定となる。

EXアビリティ

  英霊だけがもつカスタマイズ能力。
  別の英霊のレベルアップで習得したアビリティをセットして使うことが出来る。
  使用条件・効果は同じ。本来もつ英霊より条件や効果が悪くなるのは、その英霊のアシストアビリティによって強化されていたものであって、弱体化しているわけではない。

Masterボーナス

  各英霊のレベルをMAXの20にする事で得られる英霊へのボーナス効果。
  一度獲得すれば他の英霊に交代しても恩恵を得られ、また同じ効果のモノは累積する。

MP

  マスターポイント。マジックポイントではない。
  英霊の強化に使用するもので、最大Lvの英霊で戦闘するか英霊Pと交換することで取得する。
  全英霊で共有なので、ご利用は計画的に。

Rank

  プレイヤーのランク。ランクが上がると、最大AP+1・英霊の最大HP+8・英霊ポイント+30といった恩恵を受ける事ができる。
  なお、高ランク(大体80以降)になると最大APの上昇幅は緩やかになる。
  表示はされないが英霊の攻撃力が+40され、ランクに応じてフレンドにできる最大人数が増えていく。
  なお、ランクアップ時にAPとBPは最大まで回復する。
  正確に言えばAPは最大値分だけ増加するので、上限を突破することになる。

RP

  ランクポイント。プレイヤーのランクアップに必要な経験値。

通称/スラング解説

アビオ

  オートバトルで「アビリティ&攻撃」と表示されるモードのこと。
  現在使用可能なアビリティを先頭のキャラから順番に使用しながらオートバトルする。
  自分のアビリティの使用順で戦力が上下するキャラや、タイミング命のアビリティがある場合は普通に戦おう。

アンタァ(ANT)

  主人公のこと。
  某お船のゲームの「提督」やLowの「騎士サマ(kssm)」に相当し一部のプレイヤー間で使われている。「アンタァ」は二人称であるため使いこなすにはまず相手が必要。
  アリサがプロローグにて非常にシリアスなシーンで(名前表示)アンタァー! アンタァー!と連呼し、その圧倒的な違和感を脳裏に刻あんたぁ。
  なお、他のキャラも主人公のことを多様な表現を用いて呼ぶ。(例:マスター、主、リーダー × [敬称:さん、様、君]・・・etc)
  また、アンタァは運営からのお知らせを読まない。
  配布神姫エレシュキガルの主人公に対する呼称が「アンタ」なのはユーザーアンケートで決まったため。

  幻獣アンズーのこと。アンズー→あんず→杏から。ドロップ率アップという特異な幻獣効果を持つ。
  詳細な効果のほどについては検証待ちだが、少しでもドロップ品が増えて欲しいプレイヤーには重宝されている。
  
  ユグドラシル戦時に、同じくドロップ率アップの幻獣効果を持つスレイプニルが実装された。
  しかし、SRであることからスレイプニルより限界突破がしやすく、★4の「アイテムドロップ+」が狙いやすい。

イケメン

  2018年8月に実装された神姫メティスのこと。見た目は元よりアビ構成までイケメン。イケメティス。

  魔宝石の通称。
  入手方法はログインボーナス、未クリアクエストのクリア報酬、出会いを含むハーレムエピソードの閲覧などがある。
  ショップでエリクサーやウェポン等の所持枠を拡張したり、これを使ってガチャを回すことができる。
  不具合等のお詫びとして運営から配布されることもしばしばあり、それは「詫び石」などと呼ばれている。
  場合によっては、聖光石を指すこともあるので、文脈で理解しよう。

ウェポンスキル通称一覧

アサルト

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「アサルト」となっているスキルのこと。
  慣用的に「アサルト50」など末尾に数字をくっつけて使われることもある。
  この場合、その属性にかかるアサルトスキルの効果量の合計が50%であることを示す(※スキルレベルの合計ではない!)。
  攻撃のバフやウェポンスキルのプライドは、この値が上昇するため性能表記をこれで簡略化することもある。

ディフェンダー

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「ディフェンダー」となっているスキルのこと。

プライド

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「プライド」となっているスキルのこと。
  HP減少攻撃のバフは、この値が上昇するため性能表記をこれで簡略化することもある。

ラッシュ

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「ラッシュ」となっているスキルのこと。

バレッジ

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「バレッジ」となっているスキルのこと。

スティンガー

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「スティンガー」となっているスキルのこと。

エクシード

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「エクシード」となっているスキルのこと。

アセンション

  ウェポンスキルにおける、接尾辞が「アセンション」となっているスキルのこと。

  強化素材として使用するウェポンや幻獣のこと。
  特に性能が低めのイベント報酬を強化素材にする時によく使われる言葉である。
  なお、SSRウェポンは後で最終限界突破が実装されることがあるので、現在の性能だけで判断するのは考えもの。

エロ本

  グリモワールの通称。単純に本では無くエロ本と呼ばれることの方が何故か多い。
  進化のグリモワールを銀のエロ本、神化のグリモワールを金のエロ本と区別して呼ぶこともある。
  「神本」「進本」というパターンも。

お尻

  オシリスのこと。オシリスのお尻が魅力的。

おでん

  オーディンのこと。アツアツおでんを押し付けるとさぞかし喜ぶだろう。
  原典からして、槍に刺されて木に吊るされるなど、そういった性癖の持ち主。

おはじき

  上限突破に使用する聖光片の通称。主に月~土の曜日クエストで手に入る。
  アイコンの見た目からつけられた。
  聖光シリーズの中では最下級の位置付けだが、入手率は低く、それ以上に出にくい聖光石の交換素材としても使えるため枯渇しがち。
  Expertの曜日クエストでは出てこないため、Beginner/Standardを回る必要がある。
  曜日クエスト以外の入手方法としては、レイドイベントのイベントガチャが挙げられる。
  こちらはレイドイベントが開催されている時でなければ利用できないものの、ある程度まとまった数を入手できる。

  2016年9月以降、デイリーミッション報酬で入手可能になった。
  達成条件は緩いので、枯渇状態も改善されてきている。

  ちなみに下位からおはじきペン先ジャガイモ金平糖となっている。
  ニコ生による継承者サミットでMCが発言していたりもする。

おま環

  度重なるエラーや監獄に対して告知で
  「監獄エラーは客側の環境が悪い」→お前の環境が悪い→おま環となった。

  なお、神プロ独自の用語というわけでもなく、PCゲーム界隈では
  情報不足の質問を斬って捨てる場合などにそこそこ古くから使われている言葉である。
  しかし、ゲームの運営側がユーザーに対して直接「おま環」発言をすることは極めて稀。

おまる

  ベルフェゴール

カタス

  レイドクエストULTIMATE・RAGNAROK級のボスのこと。カタストロフィアの略称。
  属性に合わせて「闇カタス」などと呼称される。
  また、ULTIMATEを「よわカタス」、RAGNAROKを「つよカタス」と呼称することも。
  ディザも参照のこと。

  2018年3月30日以前のRAGNAROK級はULTIMATEに改称された。
  RAGNAROK級は更に難易度を上げて順次追加され、8月の闇属性実装で揃い踏みした。

監獄

  レイドイベント「深海を統べる邪帝」にて発生していた不具合。
  レイドの未確認結果を確認しようとすると必ずエラーが発生してしまう症状のこと。
  未確認結果を確認しなければ新たにレイドバトルを行うことができないため、
  レイドイベントにまったく参加ができなくなってしまう。
  まさに閉じ込められたかのような挙動に「監獄」と呼ばれ恐れられている。
  イベント開始当初から一部のユーザで発生しており、5/22からの大規模メンテで発生していた分は解消されたものの
  依然として発生原因までは修正されておらず、対処療法として監獄入りしても1時間ほどで脱出するという対応が取られている。
  10/24に行なわれた24時間メンテ後は1時間はおろか数日投獄されたままという状態も発生している。

減衰値/ダメージ減衰

  各種威力計算には閾値が設定されており、その値を超えた分の威力の伸びが止まったり悪くなったりする。
  閾値について、伸びが止まるものでは「上限値」、伸びが悪くなるものでは「減衰値」と非公式で呼称している。
  後に、公式のお知らせで「上限」という説明文が現れたため公式呼称は共に「上限」である。
  上限となるものは主に割合ダメージ(回復)
  減衰となるものは上記以外の攻撃アビリティなどで、計算上10%の伸びとなる。
  減衰値は通常攻撃が35万、バーストが100万(武器スキル等で伸ばすことが可能)
  アビリティはそれぞれに減衰値が設定されており、公式には発表されていないのでプレイヤーが調べる必要がある。
  とはいえ、普通はそこまでのダメージが出るものではないため、よほど鍛えたプレイヤーでなければ気にするほどではない。

コーヒー/コーヒーガチャ

  プレミアムガチャの1日1回限定120神姫コインで回せるガチャのこと。
  120神姫コインが現実通貨で120円に相当し、ほぼ缶コーヒー1本分。
  そこから転じてコーヒーまたはコーヒーガチャと呼ばれるようになった。

コピペ幻獣

  各属性に一体ずつ存在するSSR幻獣、カイザー○○ドラグーンのこと。コピペドラグーンとも。
  最高レアリティであるにも関わらず、イラストがほぼ色違い、
  能力も影響する属性が違うだけとコピペめいたそのスペックからこう呼ばれている。
  あまりに要望が多かったのか、2016/5/16のメンテナンスにおいてステータスの上方修正がなされた。
  SRにも○○ドラグーンが各属性に存在するが、SRの方は幻獣効果がそこそこ有用なため、通常はネタ度の高いSSRの方を指す。
  2017/1/12のメンテナンスにおいて再びステータスの上方修正が行われ、その際に今までなかった敵への攻撃が追加された。
  SR/SSRともに、限界突破で召喚効果が強化されるという他にはあまりない特性を持つ。

コネコネ

  画面右下の通信中を示すCONNECTING表示が長いこと。サーバが重い状態。
  バトルで行動するたびに待たされ、デバフやスタン時間が有効活用できず
  タイミングを選ぶアビリティが不発し、またそれらがなくとも待ち時間が多いのはストレスになる。
  あまりにコネコネするようなら少し時間をおく、オートで勝てるようなバトルにする、Wikiの更新をするなどして心穏やかに保とう。

ご理解

  運営に不具合などの報告や問い合わせを送った際、それが運営にとって仕様だった場合の返答に定型文として添えられている 『何卒ご理解ご了承いただきたく存じます。』 が元ネタ。
  最近の話題だと、ウリエルのバースト威力誤表記に対する質問の回答にも 『何卒ご理解ご了承の程賜りますようお願い申し上げます。』 と言うコメントが含まれている。
  納得がいかない事で怒りが溜まっているユーザーに対して、完全に火に油を注ぐような返事である。 (ゲームに対してストレスが溜まる原因に、理解と了承の二つを要求してくる)
  転じて、運営を擁護する者や、課金ガチャに大金を使う重課金者など、運営にとって有益なユーザー、又はそういった行動を揶揄するスラングとして使われるようになった。
  意外かもしれないが、公式ツイッターことディアおじは『ご理解』と言うキーワードを2018年4月現在までには使った事がない。

ゴリラ

  自己強化やアシスト効果で攻撃力や連続攻撃確率を高めるアビリティなどを備え、
  とにかく通常攻撃主体でブン殴る素の殴り性能が高いキャラクターを指す用語。
  様々な界隈で使われているが神姫ではチェルノボーグが定着のきっかけとなった。
  小手先の技に頼らず、腕力一本で戦うキャラほどゴリラ的。
  よく勘違いされるが蔑称としての意味合いは無い。音ゲー界隈では人間卒業レベルの上級者を「ゴリラ」と呼び称える文化がある。
  余談だが本物のゴリラは温和で繊細、理性的な生き物。類義語:脳筋

金平糖

  上限突破に使用する大聖光星の通称。主に月~土の曜日クエストで手に入る。
  アイコンの見た目と、その言いにくさと変換のしにくさから使われていると思われる。
  わりと意味は通じる模様。

ジャガイモ

  上限突破に使用する聖光晶の通称。性交渉? 主に月~土の曜日クエストで手に入る。
  上記の金平糖に同じくアイコンの見た目、その言いにくさと変換のしにくさから使われていると思われる。
  こちらも割と意味は通じる模様。

シャル/シャル銃

  英霊ダルタニアンの専用武器、〇〇銃シャルルブラストの事。この武器はダルタニアンがメイン武器として装備すると、アビリティの狙撃のデバフ能力が上昇する。
  狙撃は敵全体の攻防を20%ダウンさせるアビリティ。この時点で破格の数値なのだが、シャルルブラストを装備すると攻防を30%ダウンという驚異の数値になる。
  これに攻撃ダウン大や防御ダウン大のデバフを加える事で、下限値の50%ダウンまで持って行く事ができる様になる。
  また、この武器を装備したダルタニアンの事を『シャルダル』稀に『ダルシャル』と呼ぶこともある。
  バフデバフに関して詳しくはこちらこちらを参照。
  なおこの武器は入手してメインに装備するだけで効果の大半を得られるため他の武器と比べると育成の必要性が薄い。
  よって、スキルレベルに関しては他の武器のアサルトを優先し、限界突破に関してはレガリアが量産できる状況じゃない限りする必要はない。

出張

  パーティの中心となる属性とは異なる属性の神姫を混ぜること。
  例えば雷パに風属性のガイアを混ぜたり、闇パに光属性のソルを混ぜたりする場合を指す。
  ダメージを稼ぐアタッカーや敵の弱体化をするデバッファーは属性相性の影響を大きく受けてしまうため、
  基本的にはHP回復やダメージカットといった防御型の神姫を出張させる。
  SSRキャラが揃うまでは重要な戦術であるため、覚えておくと良いだろう。

女子力

  テュールのこと。女子力(戦闘力)が高い。

汁/草

  エリクサーのこと。
  その見た目、ないしエリクシルという単語名から「汁」だとか、エリクサーの名前から取って「草」などと呼ばれる。
  戦闘中には使えないが、APを半分だけ回復させるハーフエリクサーというものもある。
  こちらは「半汁」、「半草」などと呼ばれ、ログインボーナスやゲーム内のマテリアル交換などで比較的入手しやすい。

スナッチ教

  アイテムドロップ率上昇のアビリティ、スナッチを愛してやまない人々。
  あらゆるバトルでスナッチの深度を高める活動を行っている。
  同じくドロップ率を上昇させる効果を持つ幻獣アンズー、スレイプニルも信仰の対象となっているようだ。
  新たなる守護神として強欲の神姫マモンが登場し、ダルタニアンと手を組んで暴れ回っている。
  レイドイベント「幽かなる城郭と悪魔公」にてドロップアップ効果を持つ幻獣ヴラド・ツェペシュが追加され、ついには公国君主の力までをも借りられるようになった。
  彼らは一体、どこまで勢力を広げる気なのか……?

先生

  ギルドオーダー ケツァルコアトル 第1Stage エントを指すことがある。
  基本的には「エント先生」と使う。
  得意な講義は、累積するものや確率系の取り扱い。
  再講義を心待ちにしている生徒達は一定数いる模様。
  ……呼称としては実験台の方があてはまりそうではあるのだが、そこはANT達からの敬意の表れであろう。

タイヤ

  大体の場合ティターニアのことを指している。
  顔が描かれたヨコハマなタイヤのイラストと、彼女の「まるで仮面を貼り付けたような笑顔」が
  一見して似ているように見えるところから通称として広まった。
  バトル中のデフォルメキャラは特にそう見えるとか。

  BPを1回復するエナジーシードのこと。名前から。

ディアおじ

  主に公式Twitterや担当者を指す。
  「ディア」は公式Twitterやローディング画面の豆知識をしている。おなじみのメインキャラ幻獣ディアボロス。
  「おじ」とは○○おじさんのこと。担当者や中の人のことを表現している俗語。(SDおじ、バランスおじetc)
  メンテナンスが完了したのじゃ 詳しい内容はお知らせをみてほしいのじゃ
  キャラ設定の上から目線(※)や独特の語尾を維持するためか口調だけはフレンドリーであり、ディアおじと親しまれている。
  ゲーム内では達観した性格の彼女だが不具合があるとTwitterで謝罪する姿が見られる。
  そんなディアおじを眺めるのを楽しみにしているマスターもいるのだとか。
  (※尊敬語や謙譲語はほとんど使われていない)
  最近は転じてゲーム内のディアボロス本人もディアおじと呼ばれる事もあり、
  SSRディアボロス[魔力解放]を前提にしたパーティ編成をおじパと呼んだりもする。

ディザ

  レイドクエストSTANDARD・EXPERT級ボスのこと。ディザストレの略称。
  属性に合わせて「光ディザ」などと呼称する。
  ドロップされる幻獣のことを指す場合もある。
  ディザ武器という使われ方をした場合、ディザストレ戦で入手できる武器の事。
  カタスも参照のこと。

テクロス

  神姫Projectの運営会社。
  ユーザーがいくらなんでもそれはしないだろう……と思うような斜め上の行動を平気でやってのける。
  (東京ゲームショウで、神プロのステージなのに自社他ゲーの宣伝に多くの時間を割く・デバフを得意とする閻魔がガチャに追加された時、当て馬としてデバフのほとんど通らない風デーモンのイベントを開催するなど)
  数々の行為はプレイヤーの神経を逆撫でするだけでなく、中には自らが営利企業であるとの自覚を失っているようなものもあり、まさに常軌を逸している。
  それにともない、「頭テクロス」と言った場合、相手を常識の通用しない人間であると馬鹿にしていることになる。言われても冷静にスルーしよう。
  ひどい言われようだが、それはユーザーからの期待の裏返しでもあるのだ。

テロ

  他参戦者のいるレイドバトルで、本来なら敵の行動ではつかないバフ(攻撃アップ等の強化効果)を敵ボスにつけること。
  敵のバフ・デバフは参加者全員で共通のため、迷惑行為となる。
  知らずにやった場合もあるだろうが、悪意あるユーザーとみなされても仕方ない。
  聖ニコラオスの召喚効果による防御アップをつけることをニコラテロとよぶ。
  フォルトゥナによるテロ行為もよく見られる。このキャラを入れてアビリティオートで放置など論外である。
  海渦槍ヴィシャスタイドをメイン装備にしての暴走付与も厳禁。
  …だったのだが、2018年10月のバランス調整で上記の3つにすべて修正が入り、他者に直接迷惑をかけることはなくなった。一安心である。

  神姫、武器、幻獣の限界突破のこと。
  1凸,2凸...という風に限界突破した回数を表し、完凸で最後まで限界突破したことを表す。
  最終限界突破が追加され、最終限界突破したのを終凸、最終凸と表す。

トリガー行動

  敵の「特殊行動」に分類されるが、その中でもランダムではなく特定の条件を満たした場合にのみ使ってくる技のことをさす。
  よく見られるのはレイジングモードへの移行や、残りHPによるトリガーである。
  他にも特定の状態異常になった場合に使ってくるものや、チャージランプ&残りHPという複数の条件が必要なものも確認されている。

どこ○

  ある属性を集中的に強化し、敵の弱点属性に関わらずそのパーティだけを使用するプレースタイル。「どこ闇」など、○には属性が入る。
  はじめから狙ってそうすることもあるが、基本的にはプレーを続けていくうちにガチャで手に入ったSSRの属性が極端に偏ってしまった場合に取り入れることが多い。
  他の4属性に若干有利を取れる光か闇が一般的。
  マテリアル交換などを利用していち早くSSR武器を充実させたりできる利点があるが、タワーイベントやギルドオーダーなど神姫の属性を指定されたときに融通が利かないなどの欠点もある。

ニケ/ニケる

  初期加入の神姫ニケの事。誰もがお世話になるヒーラー天使であり、エラーコードとともに現れる誰もが恐れるサーバの悪魔。
  転じてエラー画面に飛ばされることをニケる、ニケったなどという。
  ガチャ画面も彼女が担当しており、何かとユーザの怒りの矛先になることが多い。もちろん開発が悪いのであって彼女は何も悪くない。いいね?

  BPを全回復するエナジーリーフのこと。名前から。

備襲アーサー/如林アーサー

  英霊信玄のアビリティ備襲如林をEXアビリティにセットした英霊アーサーのこと。如林アーサーを更に縮めて林アーサー、林アサと呼ばれることもある。
  備襲如林は自身のバーストゲージを消費して味方全体のバーストダメージを最大200%アップさせる事ができ、アーサーは即座にバースト可能な状態になるアビリティ聖杯の奇跡を持つ。
  運用方法は、まず他のメンバーのバースト準備が整った状態で備襲如林を発動。全体のバーストダメージを上昇させた後に、聖杯の奇跡で自身もバースト準備を完了させフルバーストを放つ、というもの。
  バーストタイム中は最大威力を初撃で放てるため、非常に強力な組み合わせである。
  (※ヘラクレスなら林ヘラ)

フレフレ

  「フレ」ンド枠の「フレ」ースヴェルグのこと。
  他の100%幻獣を差し置いて特にこのように呼ばれるのは、召喚攻撃で敵の防御力DOWN効果を持つため。
  それをフレンド枠、つまり初手で放てるか放てないかというのは戦術に影響を及ぼすレベルで重要なのである。

ペン先

  上限突破に使用する聖光石の通称。主に月~土の曜日クエストで手に入る。
  万年筆などのペン先にしか見えないことから名付けられた。
  曜日クエストであればどの難易度でも出る可能性があり、下位の聖光片からも交換できるので入手経路は一見豊富に見える。
  だが、Standard以上では他のドロップと競合するため入手確率は非常に低く、聖光片自体もドロップしにくいため、聖光シリーズでは一番のレアと言われることもある。
  Beginnerの曜日クエストで銀箱が出れば確定なのでドロップを祈ろう。

  2016年9月以降、ウィークリーミッション報酬で入手可能になった。

+ボーナス

  ウェポンや幻獣の右下についている、+8などの数字。+1あたり攻撃力+3、HP+1される。
  数字つきのものを素材にすると強化先に数字が加算され、最大+99まで付与できる。
  神姫にもウェポンを餌にすることで付与できるが、移し替えができないので優先度は最も低い。
  なお、神姫を覚醒させた場合はリセットされずにそのまま引き継ぐので安心してほしい。

本家

  グランブルーファンタジーのこと。現在はdmmからでもプレイ可能になった。
  神プロのゲームシステムがグラブルとほとんど同じであることや
  神プロが正式サービス開始するまでに何度かあったゴタゴタから
  「グラブル=本家」の図式はオープン以前から存在した。
  グラブルは一般版しかないことと、神プロはムフフ❤ありきで始まったことから
  神姫=エロブルというそのまんまな呼ばれ方もしている。
  どこかで見たことのあるアビリティ、ウェポンスキル効果も非常に多く
  「あぁ、あれのことね」というのはとてもよくある。

  神プロ一本でグラブルなんぞしらん、というプレイヤーも一定数いるようで
  他人と話す時にうっかり用語を混同するとまったく通じなくなる例も意外とあるようだ。
  団長さんは気に留めておこう。
  

待ちテュール/テュール待ち

  バーストゲージ100%テュールが敵がスタン状態に入るのを待っていること。また、そのさま。
  テュールは「スタン状態の敵に攻撃ダメージアップ(極大)」というアビリティ「フィニッシュインパクト」を持っているが、
  レイドバトルでは敵がスタン状態に入ってからこれを使っていたのでは他の参戦者にスタンを解除されてしまうことがままある。
  そのためレイジング状態の間から「フィニッシュインパクト」を使っておき、他の参戦者の攻撃でスタンした瞬間に攻撃を行う戦略をこう呼ぶ。
  ただし、スタン中は敵チャージゲージが増加せず、特殊攻撃もしない上、攻撃力も低いので他の参戦者にとっては回復のためのターン消化に使われる事も多い。
  参戦者が多いレイドバトルではまず問題ないが、少人数でのレイドではレイジング解除やダメージの負担を他の参戦者に背負わせる事になるので注意が必要。
  威力は劣るものの英霊のベオウルフ系統や水SR神姫のオケアノスもスタン時に攻撃ダメージアップのアビリティを所持している。

ママ

  母性が強い神姫や幻獣のこと。
  主にSR神姫ヒュプノスを指す。彼女は幼い外見なのに母性溢れる性格というギャップが特徴。
  2018年夏に実装された水着版は期間限定だったので、悲喜こもごもあったもよう。
  それから一月ほどすると、R神姫金光聖母が追加された。
  こちらは体型も母性的で、甘やかしぶりは更に増している。
  他にはキシャルの母親代わりをしていたティアマトも挙げられるだろうか。

村人/MURABITO

  ハーレムエピソードにおいて神姫達の相手役を主人公と二分して担うモブキャラ達であり、このゲームにおける影の主役。
  そのキャスティングは青年や中年、老人に子供、山賊や果てには王子と実に多岐に渡るが、基本的には全て「村人」と統一して呼称される。
  公式設定において「伝説の神や悪魔の力を有し、その力には人間では到底太刀打ちできない」とされる神姫達に対し、
  時には罠で、時には薬で、またある時には素手のみで無力化させるその圧倒的な能力から
  「実は最強のキャラなのでは無いか」とガチャ入りが期待噂されている。
  サービス開始当初は彼らも盛大にハッスルしていたが、暴れすぎたのか反発も多かったようだ。
  そのため少しずつ出番が減少してゆき、今では神姫たちの相手役はANTがほぼすべてを引き受けるようになった。
  そして最近ではマンネリ解消のためにもカムバックを望む声もあるという…

  噂では、MURAMUSUMEなる存在がいるらしい…?

ユニオン

  いわゆる同盟、同じ人の集まりである。詳しくはユニオンを参照。
  ユニオンに入ると、ユニオンイベント(デーモン戦)に参加出来たり、守護神の恩恵を受けたりすることができる。

ラミラミ

  みんなのアイドル、ラミエルのこと。
  ゲーム内でのラミエルの自称なので俗語ではないかもしれない。

リキャスト

  アビリティを使用した後、再使用可能になるまでの時間(ターン数)を指す。
  基本的に強力なアビリティほど長く設定されている。
  極端に短いアビリティの場合、他にコストを必要とすることがあるので注意。

  A枠、B枠、C枠、…の様に使用する。比較的様々なゲームで使用されている言葉。
  各行動によって引き起こされるバフやデバフが、上書きされるのか重複するのかを区別するための語句。
  例を挙げると、英霊の狙撃キュベレーのミスルトゥドレインは互いにB枠であるため、効果が高い方(この場合は狙撃)が優先して上書きされる。
  ミスルトゥドレインがかかっているエネミーに狙撃を使用すると狙撃の効果で上書きされるが、逆の場合はmissが発生する。
  詳しくは「バフ・デバフについて」を参照のこと。

ワンパン

  レイドバトルに参戦し、報酬獲得のために一撃だけ入れて放置する行為のこと。
  数ターンで全滅する程度の戦力しかないことが多く、自発した人にとっては参戦枠を削られるだけでしかない。
  公式コミュの要望を見ると、ワンパン対策を求める声はかなり多い。
  楽して多めの報酬を得られるのは確かだが、迷惑行為であることは覚えておきたい。

BE/ST/EX/UL(ULT)/RG(RAG)

  それぞれがミッションの難易度の略称。対応は以下の通り。
  2018年8月現在、上から下まで全て揃うのは降臨戦のみ。
  BE:Beginner
  ST:Standard
  EX:Expert
  UL:Ultimate
  RG:Ragnarok

BT

  バーストタイムの略称。詳しくは当ページ上部の用語解説を参照。

GO

  ギルドオーダーの略称。詳細はリンク先にて。

100%幻獣(100幻)

  幻獣効果が属性攻撃力100%アップの幻獣のこと。
  他の幻獣効果と比べて効果が圧倒的で、火力の差が目に見えて判るほど。

  2017年7月の時点で火のベリアル、雷の麒麟、風のフレースヴェルグ、水のルドラ、100%にするには条件が付いているが光のマーナガルム、闇のアヌビスの6体が実装されている。
  また、幻のディアボロス[魔力解放]は特殊攻撃力ではあるがミラクルチケットの対象に含まれないので100%幻獣に分類できる。

  2018年に入ると、条件付きで属性攻撃力120%アップの幻獣まで実装され始めた。
  こちらは2018年10月の時点で火のケルベロス、水のリヴァイアサン、風のハヌマーン、雷のニーズヘッグが実装されている。
  いずれも2018年8月現在は販売されるミラクルチケットの対象になっていない。
  なお、神龍眼150個のミラクルチケットなら引き換え可能らしい。

小ネタ/豆知識

エピソードの保存

  幻獣を売却しても、一度見たエピソードなら自動で保存されるため、いつでも見ることができる。
  不要な幻獣であっても、幻獣オーブに変換する前に一度レベルをあげてエピソードを見ておこう。

神姫・幻獣などの元ネタ

  世界各地の神話や伝承は当然として、架空の神話体系であるクトゥルフ神話も含まれている。
  なお、ゲームでよく名前を見るソロモン72柱の悪魔は、2018年7月現在で10体程度と意外に少ない。

ギルオダ即リタイア

  ギルドオーダーのミッションには「7回挑戦」のような面倒くさいものもあるが、クリアか全滅するまで真面目に付き合う必要はない。
  クエスト開始直後に右上のメニューからリタイアするだけで、挑戦回数に含まれるのだ。
  なお、途中まで進んでリタイアした場合も、通過したステージはクリアしたことになるため、「Stage4を3回クリア」といったミッションにも応用できる。

降臨戦のマテリアル交換

  降臨戦のマテリアル交換はイベントページとショップで行える。
  イベントページの方は手持ちの素材で交換できるものが優先的に表示されるため、交換の度に1ページ目に戻される。
  ショップの方は順番固定なので、交換後もページが切り替わらない。
  大量に交換する場合はショップでした方がいいだろう。

ジェムクエストの重要性

  小ネタというよりはゲームプレイの根幹を支える大事な部分であるが、初心者は知らないことが多い。
  このゲームでは武器のスキル上げによって攻撃力を2倍以上に高めることができ、最上級レイドですら一人で狩れるようになる。
  その為に重要なのが、スキル上げで大量に消費するR武器集めである。
  魔法石ガチャ、ポイントガチャを回せば入手できるのは勿論だが
  毎日のジェムガチャを引ききる(10連を100回制限まで回しきる)ことで、現在はおおよそ40~50本前後入手できる。
  (1回ガチャ、10連ガチャともに1日100回制限のため厳密には1100回であるが)
  一日につき10万ジェム吹っ飛んでいくため、やみくもに回しているとあっという間にジェムが枯渇してしまう。
  そのためにもジェムクエストを定期的に回せというアドバイスが飛び交うのである。
  当然ながらジェムクエ周回にはAPを大量に消費するが、ノーマルガチャからはハーフエリクサーもたびたび出てくるので
  最大APが多くなってくると使った分を回収できるようになってくる。だいたいランク60を過ぎるあたりが黒字に転じる目安である。
  低ランクだとハーフエリクサーを使ったときの効果が薄く、すぐにAPが枯渇してしまうので、初めは日曜の経験値クエストでランクを一気に上げてしまったほうがよい。
  2018年3/30のアップデートによりノーマルガチャの仕様が大幅変更。
  ガチャの回数が大幅削減(10連×15回(うち1回無料)の計150回)されたものの、
  ノーマルとSR・R強化素材の武器・幻獣の排出がなくなり、結果14000ジェムで優に50は超える(スキル上げ用の)R武器が排出されるようになった。
  そのため、1日2回のジェムクエだけで十分に賄えるどころか、他のクエストに参加することを考慮すれば毎日増えていくことになり、
  「ジェムクエストの重要性」そのものは大幅に下がったと言える。

  なお、幻獣オーブ機能の追加により、R幻獣が手に入るノーマルガチャの重要性はさらに増した。毎日欠かさずコツコツと継続することでチリも積もって結構なオーブの量になる。

スタンプ早押し

  レイドバトルを開始するとまず、救援を呼ぶかどうか選択するウィンドウが表示されるが、実はそれよりも先にスタンプを押すことができる。
  挨拶するのが待てないせっかちさんは試してみると良いだろう。

属性耐性

  属性耐性DOWNや属性耐性UPは、通常の防御ダウンやダメージカットと同列に語られることが多い。
  だが実際には、状態異常の成功率にも影響していることがわかっている。
  たとえば麻痺や幻惑といった入りにくいデバフを使う場合、「栄枯盛衰」で敵の状態異常耐性を下げるだけでなく、属性耐性も下げるとさらに成功率が上がる。
  また、属性耐性UPの状態ではダメージが軽減されるだけでなく、敵の技による状態異常を防ぎやすくなる。

  ゲーム内で知れる情報にそういった記載は一切ないため「知る人ぞ知る」データといえる。
  当然ながら検証の末そういう結果が出たというだけの話であり、今のところこれらは仕様なのかバグなのかもハッキリしていない。
  ある日突然修正される可能性も無きにしも非ず…というのが正直なところである。
  なお、属性攻撃UPで状態異常付与率があがるようなことは今のところ確認されていない。

敵の最大HPの調べ方

  敵の最大HPを調べたい場合、現在HPに対する割合ダメージを与えるアビリティを使うと楽。
  アビリティごとにダメージに限界があるので、敵に合わせて使い分けたい。
  現状では英霊ヘラクレスが英気解放で習得できるライフバーストとR神姫カオスのカオティックゼロがよいだろう。

  ライフバーストは現在HPの1/20(MAX60万)なので、最大HPが1200万までなら対応できる。
  対象外なのはULTIMATE以上のレイドボスぐらいだろう。
  カオティックゼロは現在HPの1/5(MAX10万)なので、最大HPが50万までなら対応できる。
  雑魚なら問題はないが、ボスはEXPERTでも厳しいだろう。

  十分な戦力があることが条件だが、単体のレイドボスならソロで撃破した際の与ダメージを見ればよい。
  なお、DoTを使う場合、その分は撃破時の与ダメージから差っ引かれていることに注意。
  最終手段としては、ゲームの録画を見てダメージを数えるという手がある。

バフ・デバフ合計

  デバフによる敵の防御ダウンと攻撃ダウンの下限値が-50%であることはよく知られているが、それはバフとデバフの「合計値」の下限である。
  例えば敵が防御力を30%上げるバフをつけてきた場合、防御ダウンのデバフは合計で80%まで有効ということになる。
  もちろん、防御アップや攻撃アップの敵バフはケイオスマジック等のアビリティで消してしまうのが手っ取り早い。
  だが、レイドバトルで参戦者が増えるたびにバフが張り直される場合もあるため、そんなときは過剰にデバフをかけるのも有効な手段である。

ノマガチャマウス固定法

  ジェムで回すノーマルガチャを素早く終わらせるための小技。
  PC版でやる場合、カーソルを「skip」ボタンと「10連」ボタンの間に合わせるだけで、両方のボタンを押すことができる。
  そのため、マウスを動かさなくてもクリックするだけでノーマルガチャを引き続けることができる。
  ブラウザバックで時間短縮する人も居る。
  
  ある時期にノーマルガチャに「かんたん演出」機能が実装され、完全に過去のものになった。
  ちなみに、演出をオンにしなければこの時と同じ演出に戻すことはできるが、ボタンの有効範囲が微妙に変わってしまい、
  マウス固定、すなわち一切動かさずに続け様にガチャを引き続けることは不可能となっている。

ヘラ斧アーサー

  初手バーストを撃てる英霊アーサーの得意武器が斧であることと、ヘラクレス用の英霊武器である剛斧ネメアスカルのバースト追加効果が防御ダウン(完凸時25%)であることを利用した小技。
  ようするに、アーサー使用時にこの武器をメインに設定すれば、好きな時に強力な防御デバフを使えるということ。
  これだけではモルドレッドダルタニアンに劣るが、ギルドオーダーでは英霊指定ミッションがあるため、デバフを持たないアーサーの能力を補う場合に使われる。
  なお、ネメアスカルはヘラクレス用の武器であるため、属性攻撃アップ等の武器スキルは発動しないことに注意。

ユニイベの幻獣選択のコツ

 攻撃力をあげる幻獣には「キャラクターの攻撃力UP」のものと「属性攻撃力UP」の2種類が存在するが、似ているようで大きく異なる。
(詳しくはゲーム仕様・計算式のページにある「与ダメージについて」の項目を参照)
 簡単に説明すると、キャラクター幻獣の効果は攻撃UPバフと同枠に加算され、属性幻獣の効果はそこに掛け算される。
 ところでユニオンイベントでは、十字架によって100%もの強力な攻撃バフを付与することができる。
 そのため、キャラ幻獣よりも属性幻獣をメインに設定する方がより大きなダメージを与えられる(3×1よりも2×2のほうが大きくなるのと同じ理屈)。

ユニイベのランキング報酬

  ユニオンイベントでは終了後にランキング報酬を受け取ることができる。
  だが、これはプレゼントボックスに贈られるのではなく、自分でランキングのページまで行き受け取らねばならない。
  受取期間終了後にそのことを知るうっかりさんが現れるのは毎度のことである。

リロキャン

  戦闘中に間違えてアビリティオートボタンを押してしまった場合、
  キャラがアビリティをすべて使うせいで次のターンまで時間がかかったり、
  後で使おうと思っていた重要なアビリティを勝手に使われてしまう。
  このようなときは左下のリロードボタンを押し、リロード後すぐにアビリティオートを解除することでキャンセルできる。

  他にもフルバースト、妲己1アビやヴラド召喚効果などの吸収(全体)、アウトレイジなどに代表されるDOTの表示等、
  おもに「演出がウザったい」「長々と見てられない」という理由から
  「攻撃ボタンを押したら即リロードでそういったものを見ずに飛ばす」使い方ができ、
  これまた同じようにリロキャンと呼ばれている。

  リロキャンを10n+1回(11回、21回…)行うとCONNECTINGが始まるため麻痺ハメなど行なっている場合は注意が必要。

  ※普通にバースト演出カットに使う程度ではどうということもないが、
  ジェムクエを短時間で可能な限り回すため、攻撃→リロードを30分間ひたすら繰り返してクエ攻略を行った者がいた。
  その結果、不正行為をしたと見なされ垢BANを受けたという報告がある。
  何事もほどほどにしておこう。

レイドチケットの持ち越し

  プレゼントボックス(期限なし)にあるレイドチケットは次以降のレイドイベントに持ち越すことができる。
  このボックスに入るチケットは功績報酬とイベントミッション報酬なので、1回のイベントで最大380枚持ち越せる。
  ただし、レイドイベント終了からしばらくするとガチャが引けなくなることと、
  次のレイドイベントのトップページを初めて開いたときに手持ちのチケットが0になることに注意。
  つまり、イベントのバナーが消えてから次のイベントページを開くまでに受け取ったチケットは使うことができず消滅するしかない。
  チケットを受け取るのは、イベントページで報酬を確認してからにしよう。

R版と全年齢版の違い

  まず、両者のセーブデータはアカウントで共通なので、気分で変えてもOK。
  双方で異なるのは神姫や幻獣の立ち絵。
  基本的に全年齢版の方が布面積が大きいのだが、最近実装された娘達はR版の絵で統一されている。
  なお、戦闘キャラ(アイコンは除く)は立ち絵が違っても敵味方共にR版の仕様である。
  ガチャの詳細でのエピソードの紹介は全年齢版なら出会いの物語、R版ならハーレムエピソードの一つとなる。
  また、神姫サマエルは全年齢版とR版とで担当声優が異なる。
  全年齢版で制限がかかるのはハーレムエピソードの閲覧のみ。

コメント

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • ソロモン72柱を豆知識からコメントアウト。ゲーム的にただの羅列はいらないかと。三大と四大天使とでゲーム内で揺れてる系なら豆知識にもなろうが。 -- 2017-11-09 (木) 08:49:14
    • 何でそう思うの? -- 2017-11-09 (木) 21:51:53
      • いらなくない?ゲームで使う用語じゃ無いし。 -- 2017-11-09 (木) 22:15:43
    • 別にこのゲーム特有の何かってわけじゃないただの一般知識だからねぇ。ゲームのウィキに載せるような内容では無いでしょ。 -- 2017-11-09 (木) 22:14:34
      • おっと途中送信してしまった。ゲームに出た悪魔の元ネタとして載せる分にはいいけどそれはキャラ頁の領分であって、小ネタ頁に未実装含めてただ羅列するようなものでは無いと思うな -- 2017-11-09 (木) 22:15:59
    • そして今日実装された新神姫が2人ともソロモン72柱という -- 2017-11-10 (金) 19:10:39
  • 「芋掘り」というのはここに記載のあるジャガイモのドロップを集める操作を言うのだな -- 2018-01-16 (火) 10:40:44
  • リロキャンについて、リロードを10n+1回行うとCONNECTINGが始まるっていうの、載せなくていいかなぁ。麻痺ハメリロキャンやってるときに数秒損しないために結構意識してるんだけど。 -- 2018-02-22 (木) 22:01:15
    • ※nは1以上の整数 -- 2018-02-22 (木) 22:01:57
  • おはじきペン先金平糖の通称が公式放送で出てくると思わなくてちょっとわろた -- 2018-03-24 (土) 23:21:32
  • 得意ウェポンの神姫HP増加について訂正。 -- 2018-03-26 (月) 13:26:40
  • スタン中連撃率って上がるの?意識して見てなかったからここ見て初めて知ったんだが -- 2018-04-19 (木) 00:53:26
    • ヘルプにも書かれてるレベルの話 -- 2018-04-19 (木) 00:59:27
      • 体感としては実感まるでないうえ、むしろ敵の連撃率の方が高くなってる感すらある。 -- 2018-04-27 (金) 07:14:07
      • ウリエル・アイテールなど通常時0%のキャラで連撃発生するくらいには上がる。 -- 2018-04-27 (金) 07:20:32
  • 如林アーサーの記述は参考になった。なるほどアーサーはそう使うのか。 -- 2018-05-07 (月) 19:50:52
  • アイコンが邪魔な方へ DMMのレイアウト変更による上のアイコン窓ですが ブックマーク作る→そのブックマークを右クリ→編集→URLを javascript:$(".subnavi").hide();$("#main-ntg").css("margin-top", "0"); に変更→OK→神姫開いてるウィンドウで編集したブックマーククリックすると上のDMMアイコン窓が消せるようになります。お花wikiよりコピペですが参考までに。 -- 2018-05-10 (木) 00:54:44
    • なおゲームのタブを閉じた後また開くと無題となりゲームに行けなくなるのでもう一つブックマークしておくといいとおもいます。 -- 2018-05-10 (木) 00:58:27
  • 小ネタにゴリラを追加したらどうだろうか🦍最近チェルノボーグのことゴリラって言う人多いから新規の方が分からないのでは -- 2018-05-23 (水) 10:07:49
    • あってもいいと思います  -- 2018-05-23 (水) 10:37:17
  • ユニコーンって? -- 2018-06-25 (月) 01:17:04
    • ユニコーンは普段凶暴だが、処女の膝の上では大人しくするという神話から処女厨のこと。ANT以外との絡みが許せないで板で暴れてる勢のこと -- 2018-06-25 (月) 02:45:13
  • ゴリラ追加 -- 2018-07-25 (水) 13:43:37
  • STって何?  今イベント→BT利用でSTを最速で葬り自発素材 -- 2018-08-02 (木) 16:00:09
    • 難易度Standardのことじゃないの -- 2018-08-07 (火) 08:54:01
  • よろパル追加よろパル。 -- 2018-08-22 (水) 10:20:00
  • 降臨戦アイテム交換イベントページで交換だとページいちいち戻るけどショップ交換なら戻らない -- 2018-09-03 (月) 19:43:40
  • シャルニャンは少数派だったのか!ダルタニアンのニアンすら消えてるもんな!でも使い続けてやるぜ! -- 2018-09-10 (月) 23:29:08
    • ダルタニャン! -- 2018-09-16 (日) 23:32:50
お名前:

*1 スケベ心につられて軽率に言いなりになる類のものではなく、遠隔操作など意思を奪うレベルのものが無効化されるようだ

添付ファイル: fileStamp3-3.png 115件 [詳細] fileStamp3-2.png 93件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-28 (月) 18:28:23 (476d)